カウンセリングルームの特徴


当カウンセリングルームでは、相談に来られた方(クライエントと表現します)に応じた心理療法が提供できるよう心がけています。

一般にカウンセリングと言っても、カウンセリングの方法はカウンセラーによって多種多様です。特定の技法にこだわるカウンセラーもいれば、様々な技法を組み合わせているカウンセラーもいます。当カウンセリングルームでは以下のことを原則としてクライエントとのかかわりを持つように心がけております。

クライエントとの関わりについて


あなたの立場、目線で関わります

あなたが現状どんなに苦しい状態なのか、つらい状態なのかをご相談内容だけでなく、しぐさや声のトーン、メールの文面等からも想像して、情景を浮かべながらカウンセリングをおこないます。そのためにも情報は多い方がより効果的なカウンセリングを行いやすくなります。必要に応じてこちらから質問を行うことがあります。

クライエント自ら答えを見つける助けをします

カウンセラーは安易にクライエントに答えを提示したりはしません。自身の価値観や判断によってクライエントにアドバイスをしていたのではクライエントの成長にはつながらないと考えているからです。クライエントが自ら考え、答えを見つけるサポートに徹することが一番重要な姿勢であると考えています。


心理療法について


傾聴の姿勢を重要視し、来談者中心療法、認知行動療法・内観療法等の心理療法を中心に、クライエントと関わります。

 

来談者中心療法:人間には本来成長能力があると信じ、個人のパーソナリティの成長を重視します。クライエントのペースや主張を大切にしながらカウンセリングを進めます。基本的にカウンセラーはクライエントに指示するような語りかけは行いません。

 

認知行動療法:クライエントの自助力の回復や向上を目的とする療法です。クライエントが今現在抱えている認知(考え方)のゆがみを明らかにした上で、具体的な目標を立て、目標達成のために様々な課題を少しずつこなしていきます。問題解決能力が高く集中力が必要な療法ですが、非常に効果が高い療法として多くのカウンセラーが使用しています。

 

内観療法:「してもらったこと、して返したこと、迷惑をかけたこと」の3点に的を絞って話を進め、具体的事実を調べていきます。通常は7日間泊まり込みで1日16時間を使う過酷な療法ですが、少しでも多くの方に内観を体験していただくことができるよう、内観を自宅から行うことができるオンライン内観のサービスを提供しています。詳しくはこちらへどうぞ